導入事例 - 株式会社ニッセン様|モデルキャスティングサービス「週末モデル」
複業支援プラットフォーム:週末モデル

さまざまなキャスティング方法の良いとこ取り!?
管理、費用、発掘も週末モデルで撮影が広がる

株式会社ニッセン様

レディース・メンズ・キッズのアパレルをはじめ、インナーやインテリア、健康食品、美容品など多彩に選べる通販オンラインショップを運営する株式会社ニッセン様。
提供するファッションは幅広い年代層へ、最新トレンドから定番までを、幅広いサイズ展開で種類豊富にご用意されています。

今回お話をお伺いしたのは、クリエイティブ部の奥山さんです。
編集や撮影企画などを通して、カタログやサイト、アプリや店舗など、クリエイティブを伴う販促ツールに広く携わり、現在はニッセンオンラインショップに掲載している商品のほとんどの撮影・制作を担うクリエイティブ部において、ディレクションと制作を担当されています。

Contents

  • ・『憧れ』よりも『等身大』。リアルクローズは管理が大変!?
  • ・手探りの100人より、ヒット率の高い1000人のほうが頑張れる
  • ・「やってみたい」が簡単に。募集をするほど撮影のアイディアが広がる

『憧れ』よりも『等身大』。リアルクローズは管理が大変!?

週末モデルを登録した背景は、等身大のモデルさんを発掘するためです。 近年ではSNSで、誰でも簡単にライフスタイルやコーディネートが発信できることにより以前のような「憧れのモデル」から「等身大のモデル」にシフトしてきていると感じます。 ユーザーの体型やライフスタイルに似た、誰かが発信することで、商品へ親近感がつくれる…そういった背景から自社のサイトでモニターを募るなど等身大モデルの撮影に注力することに。

週末モデルを起用した実際の画像

▲ 週末モデルを起用した実際の画像 掲載サイト:https://www.nissen.co.jp

ところが、ブランドやサイズ展開などそのパターンに合わせたモデルさんをキャスティングしているので名簿や採用管理、打ち合わせ、報酬の支払など…たくさんのモデルをキャスティングしたい!ただ一方で採用人数を増やすほど、とにかく管理が大変でした。
モデルのマッチングサービスを使うのは、週末モデルがはじめてだったのですが、募集→採用→お支払いまで一貫してサイト内で行えるのでとても管理が楽になりました。 お支払い後の領収書を自動で出力できるのは嬉しい機能でした!

手探りの100人より、ヒット率の高い1000人のほうが頑張れる

週末モデルをリピートして使っている一番の理由は数が撮れるから。費用面はもちろんですが、ブランドや撮影商品のサイズに合わせたモデルをたくさんの登録者さんの中から選べることです。

週末モデルの撮影風景

▲ 週末モデルの撮影風景

店頭と異なり、その場で試着ができないECサイトは、洋服の大きさ、着丈、お客様が自分で着たイメージを画像でしていただけることが大事!なのでお買い物していただきやすい画像を工夫しながら撮影をしています。
そのため、モニター公募をして、どんな人がくるかな…ブランドにあうかな…と模索するよりも週末モデルで募集をかけたり、検索で気になった方へオファーができるので、よりブランドイメージやサイズ展開にあったモデルさんを探しやすくなりました。

モデル一覧画面

「やってみたい」が簡単に。募集をするほど撮影のアイディアが広がる

ブランドイメージにフィットしたモデルさんをリピート依頼することが多いですが、ブランドや商品を決めずに定期的に公募をしています。 アパレル、服飾雑貨をはじめ、スポーツウェアやスイムウェアさらにインテリアまで撮影をしたい商品は尽きません。 応募があった中からこの方はスポーツ経験があるからあの撮影をお願いしようなど、たくさんの応募が次回の撮影に繋がります。 今までは具体的な内容を決めてから動いていたキャスティングが、「やってみようかな」のアイディアで簡単に実行できるようになりました

週末モデルを起用した実際の画像

▲ 週末モデルを起用した実際の画像 掲載サイト:https://www.nissen.co.jp

週末モデルを使ってみて、コンポジットやプロフィールを見れて、簡単にオファーができて、管理ができて、費用もお得で、さまざまなキャスティング方法の良いとこ取りなんじゃないかなと思っています。
今後も商品の展開や見せ方に合わせた、さまざまな撮影を行っていきたいです!

奥山さんありがとうございました!

株式会社ニッセン クリエイティブ部
奥山潤子さん

制作事務所でグラフィックデザイン、WEBデザイン、インタビュア、ライターなどを経験。ニッセン入社後は、カタログ編集、サイト設計、撮影ディレクション、読者モデル企画、SNS販促、アプリ開発など、クリエイティブを伴う販促ツールに広く携わり、現在はニッセンオンライン掲載商品のほとんどの撮影・制作を担うクリエイティブ部デザイン制作チームにおいて、ディレクションと制作を担当するチームに所属。デザイン制作チームにおいて、チームマネジメントをしながら、モデルの開拓・キャスティングも担当している。

https://www.nissen.co.jp

無料でクライアント登録

その他の事例

clientご利用企業様

2,000社以上の企業様にご登録いただいています

goto pagetop