導入事例 - 株式会社ファインドスター様|モデルキャスティングサービス「週末モデル」

週末モデル

プロのモデルには出せない
「リアル感」が
お客様の共感につながりました。

株式会社ファインドスター 様

今回は「信頼を第一に、新しい 価値をもって顧客を創造し、顧客に貢献することにより、かかわるすべての人が 幸せになる。」を理念に、単品リピート通販企業を中心にダイレクトマーケティングを支援している株式会社ファインドスター様。
新規事業を担当する湯本さんにお話を伺いました。

課題

  • 商品を打ち出すにあたり、他社に比べて圧倒的にコンテンツ量が足りない。
  • プロのモデルさんだと、どうしても広告感が強くてユーザーに響きづらい。
  • モデル事務所を使うとスケジュールを組みにくい。

商品を打ち出すにあたり、圧倒的にコンテンツ量が他社に比べて足りない!

今回、化粧品を打ち出すにあたり、自分ではない誰かが使っているコンテンツが欲しかったんです。
ダイレクトマーケティングの中ではいかに、これは私向きの情報や商品だ!と思わせることが大事。
近年ではインターネットの普及で情報量が溢れていて、わかりやすく広告を打ち出してしまうとなかなかユーザーは興味を示してくれません。
その中でユーザーにこれは私向きだと思ってもらうには商品を広告として打ち出すだけでなく、自分(ユーザー)と同じ様な趣味や考え方を持った誰かが使っていることが必要となります。
その使用イメージを打ち出すコンテンツが圧倒的に足りませんでした。

使ってる感はどう出すの?ープロではないことの必要性ー

探していたのは、”プロではないモデルさん”ですね。
プロのモデルさんを使用することで、「プロだからキレイで当たり前」でその商品の効果ではないと感じられてしまったり、広告感が強くなってしまって興味を持ってもらえないことが多いんです。
だから一般の人に商品を実際に使っているイメージ画像や使用したリアルな感想が欲しくて…
社内や知人を使うという方法もありましたが一定のビジュアルも担保したいですし、ネタ切れもありますからね(笑)
そういった背景の中で、普段モデル以外のお仕事をされていたりしている週末モデルのモデルさんたちは、ピッタリでした!

実際に週末モデルでモデルを募集してみてどうでしたか?

募集がきすぎてビックリしました(笑)案件を作ってる時はちゃんと応募来るのかなと不安だったんです。
だけど一晩で20名以上の方の応募があって!とても嬉しかったです!
モデルさん一人一人きちんとメッセージや要望に答えて下さって感激しました!
モデルさんとメッセージで直接やりとりできるのがいいですね!
事務などを通すとスケジュールももっと前倒しで組まなければいけないのですがメッセージでやりとりが完結するので”スピード感”を持って案件が進みます。
今回はモデルさん各自の自撮りをお願いしていたのでメッセージ内で完結して、スタジオやスタッフの準備も不要でした!

今後、週末モデルを使ってやりたいことを教えて下さい!

モデルさんをお呼びして、スタジオ撮影や動画撮影などもしていきたいですね!
商品の記事コンテンツやランディングページに出ていただくことで、素材ではなく商品の使用感が出ると思うので。
きちんと商品の差別化をしていくためにも今後も週末モデルを使っていきたいです!

湯本さん、ありがとうございました!

株式会社ファインドスター

  • 設立:1996年12月
  • 社員:621名(グループ連結。役員、契約社員、アルバイト ・パート含む)※2019年9月末日現在
  • 事業内容:ダイレクトマーケティング事業、デジタル広告事業、デジタルダイレクトメール事業

無料でクライアント登録

その他の事例

goto pagetop